あしたは、マゴと一緒にドコ行こう。magodoco story book web

  • コンセプト
  • アンケート
  • 製品紹介
  • 空間のご提案
  • topへ
 

magodocoーマゴドコーって何?

magodoco(マゴドコ)とは、じいじ・ばあば・パパ・ママ・マゴの3世代で、
お出かけ先で楽しく、安らげる時間を過ごしてほしいという想いから生まれた、
コンビウィズがご提案する新しい空間プロジェクトです。

赤ちゃんの成長って、とても早い。
毎日新しいことをどんどん覚え、すくすく育ちます。
そんなキセキの連続を、より多くの家族で見守り、すばらしい楽しさや喜びを共有してほしい。
そう、子育てはママだけのものではありません。今こそ3世代でつながろう。

本当は、マゴともっとお出かけしたい。
そんなじいじとばあばの背中をそっと押してみんなでお出かけできるよう
「magodoco」という新しい考え方。
マゴと一緒でも安心できる空間、心も体もゆとりを持って過ごせる場所。
「magodoco」空間があればもっと気軽にお出かけできる。

さぁ、「magodoco」しよう。

あしたは、マゴと一緒に、ドコに行こう。

子育てを孤独にさせない。
家族みんなで支えましょう。

いつの世も、赤ちゃんは未来への希望であり夢です。大切な子育てをママだけに背負わせないで。
パパはもちろん、じいじやばあば、家族みんなで子育てに参加してほしい。育児を、みんなのものへ。

期待される祖父母のチカラ

社会問題になっているママの「ワンオペ育児」、解消のヒントは祖父母にある?
約6割のママが、
両親に育児を手伝って
ほしいと考えています
「核家族化、出産後も仕事を続ける女性の増加、地域社会の希薄化などにより、日本の子育ては、孤立化しています。このような状況の中、期待されているのが祖父母力
子育てには、母親、父親はもちろん、祖父母、そして地域の方々のサポートが必要です。また、現代の兄弟もいとこも少ない子どもたちには、家庭以外の多くの人との関わりが人間形成においても不可欠です。」
出典:特定非営利活動法人(NPO法人) 孫育て・ニッポン
少子高齢化が深刻化している昨今、アクティブシニアと呼ばれ、お年を召しても精力的に活動されるかたが増えてきました。
さらに最近、多くの施設で、サインがより見やすい工夫がされていたり、車いすの貸し出しサービスなどシニアだけでなく誰もにやさしいバリアフリーの施設づくりが進んでいます。
じいじ、ばあばのチカラを借りられることによって、ママの不安が解消され、
子育て環境、さらにはマゴ育て環境が整っていくことが望まれます。

アンケートに見るママのホンネ

じいじやばあばが子育てに参加する時、
ママは何をしてほしいと思ってる?ママたちに聞いてみました!
”ママがマゴをじいじ、ばあばに預けたい時”の第3位に、
「一緒にお出かけするとき」というホンネが上がっています。

また、お出かけ中、
どのくらいの時間預かってほしい?
という質問では60分以上が6割以上、
30分以上だと8割以上
という結果になりました。

ママたちは、じいじとばあばに子育てを
もっと手伝ってほしいと思っています。
ほんの少しでいいから
マゴとお出かけしてもらいたい。

そんな時、お出かけ先にじいじ、ばあば、マゴが
ゆっくり過ごせる憩いの場があるとママも心置きなく預けられます。

※2017年コンビで実施した「祖父母との交流・育児に関するアンケートより、上位3つの回答を抜粋(N=327-407)
対象:全国に居住する第1子のお子さまの月齢が0ヵ月〜3歳(36ヵ月)まで、祖父母の年齢60~70のうち片道1時間以内に住居

アンケートに見る
じいじ・ばあばのホンネ

じいじ・ばあばは、マゴを預かる時どういう気持ち?
じいじ・ばあばに聞いてみました!

※2016年コンビで実施した「孫との外出に関する調査」より
対象:全国に居住する60~70歳の男女のうち以下全てに該当する方(男性200人、女性200人)

•0~5歳のお孫さんと年3会以上外出をする

•お孫さんと一緒でなくショッピングモールなどの施設に2ヵ月に1回以上外出をする

じいじ、ばあばがマゴを連れた外出では安心してゆっくり過ごせるショッピングモールが人気。混雑がない安全な空間で、体を休めたりマゴをあやしたりできる、背もたれのある多人数掛けベンチがあるとBEST!
「マゴと過ごせる」「3世代でいられる。」さらには、「ほかにも同じような人がいるから、集える」。
3世代で、マゴと一緒に楽しめる
憩いの場が
magodoco空間です。

magodoco空間を作ろう

magodoco空間に必要な要素と推奨アイテムをご紹介します。

magodoco空間推奨アイテム

  • ①マゴが楽しめる遊具などがある
  • ②マゴとくつろぎやすい腰掛けがある
  • ③腰掛けは立ち座りしやすい適度なクッション性がある
  • ④マゴとの空間とわかる立て看板や案内表記がある

Combi magodocoボックスシートGR11

通常のベンチとは異なり、マゴをあやしたり、
一緒に休憩できる「憩いの場」です。
NEW2019年10月発売
特許出願中意匠出願中
magodoco空間の目印に!立て看板や壁付パネル
magodocoロゴとマークのデータをご希望の施設さまはコンビウィズまで申しつけください。

※お問い合わせは代理店か、ページ下部のコンビウィズお問い合わせフォームまで。本製品は予告なく終了することがあります

※横にスクロールしてご覧ください。
品番 製品名 カラー 外形寸法(mm) 質量(kg) 材質 価格
GR11 Combi
magodocoボックスシートGR11
ホワイト
(WH)
W1,190×D854×H1,087
座面の高さ300
53 本体/繊維板(MDF)、合板、天然木
クッション材/ウレタンフォーム
張り材/ウレタンレザー
¥450,000(+税)
(送料・搬入据付費別)
  • ●製品の色調はモニターにより異なる場合があります。
  • ●製品の外形寸法及び質量は参考値となります。
  • ●製品の仕様、価格は改良のため予告なく変更することがありますのでご了承ください。
  • ●価格はメーカー希望小売価格となります。左記は弊社で設定した製品の価格であり、あくまでも拘束するものではありません。

さらに居ごこちよいmagodoco空間を演出

遊び場をやさしく見守る Combi ジョイントベンチシリーズ
保護者の方も腰掛けやすいジョイントベンチは、遊び場の近くに置くことができます。

Combi ジョイントベンチ構成什器標準品

3世代での子育てを応援します!

”子育て、孫育てのしやすい社会”の実現のために
活動している方々からも応援いただいています!

NPO法人 孫育て・ニッポン 理事長
にっぽんネウボラネットワーク研究所
副代表

棒田さま

「時間」「空間」「仲間」。子どもたちの成長に大切な“三つの間(三間)”と言われていますが、これらは子どもだけでなく、すべての世代の人に大切なもの。「三間」が豊かになると、笑顔が増え、感謝の気持ちも生まれます。この「三間」を「三世代」で共有すれば、幸せの輪だけでなく、経験、絆の輪も広がります。magodocoは、まさに「三間×三世代」を生み出すプロジェクト。magodocoの輪を家族、地域に増やしていきましょう。

子育て応援とうきょう会議 事務局長
(東京都福祉保健局 少子社会対策部
子供・子育て計画担当課長)

園尾さま

子育て応援とうきょう会議は、社会全体で子育てを応援する気運を高めるため、さまざまな分野の機関・団体・学識経験者が連携し、安心して子育てができる環境の整備に取り組んでいます。
magodoco空間の設置により、3世代で安心して、子育てや子連れでお出かけができる空間が増え、子供たちが心身ともに健やかに成長することを願っています。

magodoco空間設置例

magodoco空間は、ひと目で「マゴと過ごせる」、「3世代で居られる」と
わかるようになっていることが大事です。
4つのmagodoco空間のつくりかたをご提案します。
  • ①マゴとの居場所とわかる立て看板や案内表記がある
  • ②床や壁の色を分けたり、他の空間との区切りをつける
  • ③通行などに影響しない広くて落ち着けるスペースに併設
  • ④お子さま連れの回遊の多い場所
  • ⑤ベビーカーを横に置ける

空間設置①

既存の休憩場所に併設

休憩スペースの一角に併設すると、集える場所が作れます。休憩する他のかたの場所を奪わず、居ごこちよく過ごすことができます。居場所の向きを変えるとプライベート感も変わり、レイアウトに動きをつけることができます。

空間設置②

遊び場の一角に設置

キッズコーナーなどの遊ぶ場所の近くに設置すると、マゴをあやしながら休憩ができる絶好の場所になります。キッズコーナーでマゴを遊ばせて見守ることもできます。

空間設置③

ベビー休憩室出入口付近に設置

ベビー休憩室の出入口付近も、magodoco空間におすすめです。家族全員で入らず外で待っていることも出来ます。ただし一般のかたの待合いスペースも別に用意してあげましょう。

空間設置④

カフェやフードコートの近くに設置

カフェや飲食スペースの近くには休憩スペースがあることが多いです。お子さま連れでのご利用が多い場所ほどmagodoco空間ニーズがあります。ここに併設すると待ち合わせなどにも使えて便利です。

magodoco空間を設置します!

2019年11月頃から、全国にmagodoco空間が広がっていきます。
ぜひ足を運んでmagodoco空間を体験してみてください。

※予告なく設置を終了することがありますのでご了承ください。

MARK IS みなとみらい

“ライフエンタテインメントモール”をコンセプトとし、街に生きる人々のしあわせを育む場所として2013年6月に開業。
約190店舗が集積する、みなとみらい21地区で最大規模の商業施設です。

運営本部 MARK IS 運営部
MARK IS みなとみらいマネジャー

石渡さま

MARK IS みなとみらいは開業5周年をむかえ、施設のリニューアルを行うにあたり“いつでも、私のマークイズ” ~「なんか心地いい」~をお客さま視点のテーマを設定いたしました。お客さまより「なんだか気持ちいい。」「不思議とまた行きたくなる。」「五感で感じる心地よさがある。」そんな声をより多くお聞きします。これこそが、施設の魅力であり、積み重ねている評判資産であると考え、テナントと一丸となって、居心地の良い空間を提供いたしますので、ぜひ3世代でお越しいただきこの空間をご体感下さい。
住  所
〒220-0012
神奈川県横浜市西区みなとみらい3-5-1
営業時間
物販店舗10:00〜20:00(金〜日・祝・祝前日 10:00〜21:00)
飲食店舗11:00〜23:00
Orbi Yokohama 9:00〜21:00(最終入館 20:00)
(金〜日・祝・祝前日 9:00〜22:00(最終入館 21:00))
4Fフードコート 10:00~20:00
(金~日・祝・祝前日 10:00~21:00)
※不定休。一部テナントの営業時間が異なる場合がございます。

MARK IS 福岡ももち

2018年11月、福岡・シーサイドももちに開業。
「モモチゴコチ~まいにちも、とっておきも。~」を開発コンセプトとし、ワンランク上の日常を実現するコンテンツを集めた天神以西最大規模のランドマークです。

九州運営3部 MARK IS 運営部
MARK IS 福岡ももち サブリーダー

山田さま

MARK IS 福岡ももちは、「モモチゴゴチ~まいにちも、とっておきも。~」をコンセプトに、お子さま連れのお客さまでも3世代で心地よく感じてもらえる施設づくりを目指しています。magodoco空間は3階あそびばももちの入り口付近に広々と設置いたします。日常でも、非日常でも、安心して安全に楽しんでいただける施設となっております。
住  所
〒810-8639
福岡県福岡市中央区地行浜二丁目2番1号
営業時間
ショップ・サービス・フード・カフェ・フードコート
10:00~21:00
レストラン 11:00~22:00
駐車場・駐輪場ご利用時間 8:00~25:00
※一部店舗は営業時間が異なります。

木の葉モール橋本

買物という楽しさに加え、「周囲の豊かな自然との共生」、「自然エネルギーの活用等による環境への配慮」、「生活ニーズに適した商品・サービスの提供」を基本コンセプトにした、日々の暮らしに根ざしたライフスタイル提案型ショッピングセンターです。

株式会社エフ・ジェイ
エンターテインメントワークス
木の葉モール橋本事業部 支配人

宮崎さま

木の葉モール橋本は、開業当初よりベビーとキッズのためのアソビバとサービスの充実をはかり、「子どもと一緒に楽しめるショッピングモール」を目指しております。さらに地域密着型の商業施設として幅広い世代のお客様にお越しいただいております。magodoco空間の設置により、これまで以上に3世代で楽しく快適に過ごせる空間を提供してまいりますので、ぜひこの新しい空間をご体感ください。
住  所
〒819-0031
福岡市西区橋本2-27-2(福岡市営地下鉄七隈線「橋本駅」前)
営業時間
10:00~21:00
※レストランゾーン 11:00~22:00
※2Fクリニック 10:00~19:00
※西区橋本子どもプラザ 10:00~16:00
設置のご相談や製品の仕様など、お気軽にお問い合わせください
お電話でのお問い合わせはこちら
(受付時間)平日9:00〜17:30